大野 敬太郎

地方創生。真摯に謙虚に大胆に。

香川県第3区

おおの けいたろう

大野 敬太郎

地方創生。真摯に謙虚に大胆に。

公式HP・SNSなど

当選回数:3回

生年月日:昭和43年11月01日

現在の主な役職:
内閣府 副大臣

経歴

  • 党 外交部会長代理
  • 党 安全保障調査会事務局次長
  • 党 社会的事業特別委員会事務局長
  • 党 雇用問題調査会幹事
  • 党 科学技術イノベーション戦略調査会事務局次長
  • 党 国際局次長
  • 防衛大臣政務官
  • 衆議院 外務委員会理事
  • 党 財務金融部会長代理
  • 党 外交・農林・国防の各副部会長
  • 党 知的財産戦略調査会事務局次長・同産業活性化小委員会事務局長
  • 党 宇宙海洋開発特別委員会事務局次長・同宇宙総合戦略小委員会事務局長
  • 党 航空政策特別委員会事務局次長
  • 党 第5期科学技術基本計画小委員会事務局長
  • 党 新経済指標検討プロジェクトチーム事務局次長
開く
閉じる

実績

  • 【創薬力の強化と国産ワクチン開発生産体制整備】
    事務局長を務める党創薬力強化PTにて、創薬力強化と国産ワクチン開発生産の体制整備を提言し、政府により採用され実行されている。政府のワクチン開発生産体制強化戦略や創薬力ビジョンの策定に尽力。

  • 【議員立法『ため池整備促進法』と鳥インフルエンザ対応】
    老朽化と豪雨による決壊被害が相次ぐため池の整備を促進すべく、立法化検討PT事務局長として制定に尽力。鳥インフル発生時には農水大臣へ産業持続支援と拡大防止策を緊急要望するなど、対応に尽力。

  • 【ワクチン供給システム構築に貢献】
    事務局長を務める党コロナ対策本部情報システムPTにて、ワクチンの迅速かつ安定的な供給と接種状況の迅速な把握・発信のための運用方法を提言。政府のワクチン記録システムの構築に貢献。

  • 【コロナ禍の医療提供体制整備の具体策の立案】
    事務局長を務める党のコロナ対策本部危機管理PTにて、病床を地方自治体が遅滞なく円滑に確保できるよう具体的対策を立案。動的な病床割り当て方式の策定等に貢献。

  • 【「風流踊」のユネスコ無形文化遺産登録に向けた環境整備】
    まんのう町の綾子踊など、全国23都府県・40市町村からなる「風流保存・振興連合会」を応援する超党派の国会議員の会の創設を働きかけ、事務局長としてユネスコ登録に向けた環境整備に尽力。

  • 【経済面を含む安全保障戦略の提言】
    党新国際秩序創造戦略本部事務局次長として経済安全保障戦略の提言策定に、また党安全保障調査会事務局次長としてミサイル阻止力向上、台湾関係強化政策、グレーゾーン事態対処力向上などの提言策定に尽力。

  • 【議員立法『宇宙資源法』の制定】
    党宇宙海洋開発特別委員会事務局長として、宇宙開発における国際秩序形成および宇宙産業振興のために、国内の民間事業者による宇宙資源の開発および所有を認める法案を起草し、世界で4番目の法制化を実現。

  • 【コロナ禍における経済対策】
    党経済成長戦略本部事務局次長としてコロナ対策におけるEBPM基盤の整備促進を提言し骨太方針への採択に貢献した。また党社会的事業推進特別委員会事務総長として、NPOの持続化給付金対象化の実現に貢献。

  • 【地方創生の切り札と目されるソーシャルベンチャー推進】
    行政だけでは解決が困難とされる地方の社会課題を、ビジネスとして解決しようとするソーシャルベンチャーについて、党社会的事業推進特別委員会の事務総長として育成推進に尽力。

  • 【地元インフラの着実な推進】
    豪雨災害で被災した丸亀城石垣や橋梁などの復旧、老朽化が進む観音寺市民会館や丸亀四街区などの建替え、地域産業戦略上必須の観音寺高速インターや11号線拡幅の整備など、公共インフラの着実な推進に尽力。

prev next

趣味など

座右の銘
先憂後楽

趣味
人には聴かせられない楽器演奏

好きなもの・こと
うどん、ピーナッツ、読書、映画

苦手なもの・こと
納豆

タイムライン

KAGAWA