藤原 たかし

未来を作る

岩手県第3区

ふじわら 崇

藤原 たかし

未来を作る

当選回数:3回

生年月日:昭和58年08月02日

現在の主な役職:
法務部会長代理

経歴

  • 内閣府大臣政務官
  • 復興大臣政務官
  • 党 法務部会副部会長
  • 党総務部会副部会長
  • 衆議院 法務委員会理事
  • 衆議院 東日本大震災復興特別委員会理事
  • 衆議院 予算委員会理事
  • 衆議院 農林水産委員会委員
  • 衆議院 裁判官訴追委員会第二予備員
  • 党 広報戦略局次長
  • 党 厚生関係団体委員会副委員長
  • 党 東日本大震災復興加速化本部事務局次長
  • 党 青年局次長
  • 岩手県支部連合会副会長
  • 参議院議員丸山和也公設第一秘書
開く
閉じる

実績

  • 【ヘルプマークのJIS化への取組み】
    外見では援助を必要とすることが分からない人について、配慮が必要なことを知らせるためヘルプマークについて、全国普及のためのJIS化に取り組んだ。

  • 【地方創生臨時交付金の配分について】
    令和元年9月から令和2年9月までの内閣府政務官時代、コロナ対応の一環として地方への交付金分配業務などを担当。

  • 【国道4号線の拡幅整備事業】
    岩手県南を走る主要道である国道4号線の拡幅整備に長年取り組み、花北拡幅、金ケ崎拡幅の事業化、北上拡幅、東水沢バイパスの早期開通などを行いました。

  • 【少子化社会対策大綱の策定】
    令和2年5月閣議決定の少子化社会対策大綱の策定にあたって、単なる子育て支援だけではなく、結婚支援や産後ケア事業の推進などを取り込みました。

  • 【ILC(国際リニアコライダーの推進)】
    岩手県南への誘致に取り組むILCにちて、議連事務局内において、誘致を推進する科学者と共同し、準備研究所設置に向けた環境整備に取り組んでいます。

  • 【錦秋湖SAからの乗り入れ実現】
    国道107号の全面通行止めに伴い、本年10月より天ケ瀬地区に所在する錦秋湖SAから高速道路への乗り入れを実現。下道が封鎖されていない状況における乗り入れは、全国初の事例。

prev next

趣味など

座右の銘
難しいことは簡単に、簡単なことは面白く、面白いことは深く

趣味
読書、散歩

好きなもの・こと
食べること・寝ること

苦手なもの・こと
特になし

タイムライン

IWATE