根本 匠

福島から日本を動かす。

福島県第2区

ねもと たくみ

根本 匠

福島から日本を動かす。

公式HP・SNSなど

当選回数:8回

生年月日:昭和26年03月07日

現在の主な役職:
選挙対策委員長代理

経歴

  • 厚生労働大臣
  • 働き方改革担当大臣
  • 復興大臣
  • 首相補佐官
  • 経済産業委員長
  • 内閣府副大臣
  • 厚生政務次官
開く
閉じる

実績

  • 【復興の更なる加速化、“真の復興”を成し遂げる】
    震災前の状態に戻すのではなく、新しい福島・新しい東北の未来を見据えた「創造的復興」を進める。福島イノベーション・コースト、水素社会モデル、国際教育研究拠点などを整備。科学技術力・産業競争力を世界最高水準に引き上げる。

  • 【風評被害を乗り越え、魅力やおいしさを発信】
    「福島県農林水産業再生総合事業」などで国内外に福島の農林水産品の魅力やおいしさを発信。里山の再生や水産物の競争力強化など、農林水産漁業者の生業を再生。スマート技術を活用した機械・施設の導入を支援し、低コスト化・高収益化をめざす。

  • 【コロナ対策を徹底し、コロナ後の社会を見据える】
    「検査の拡充」「医療提供体制の整備」「ワクチン接種の迅速化・国産ワクチンの開発」をさらに進める。コロナ禍で打撃を受けた方々への手厚い支援を徹底、アフターコロナを見据えた新たな経済政策を樹立する。

  • 【中小企業・小規模事業者を守ることは、この国を守ること】
    コロナ禍では、「無利子・無担保融資の新制度」、フリーランスや新規創業者までに対象を拡充した「持続化給付金」や「家賃支援給付金」手続きを大胆に簡素化した「雇用調整助成金」、農林漁業者向けの「経営継続補助金」などなどを実現。

  • 【農業の維持・発展のため、支援強化・食料安全保障の強化を】
    農家や地域農業を支えるJAなどの「現場の声」が届く農政の実現。
    米価下落懸念には、市場隔離政策を含めたしっかりとした支援を行う。飼料価格の高騰に苦しむ畜産業への支援、林業、水産業振興のための政策総動員で日本の農林水産業を守る。

  • 【公的価格の見直しと国土強靭化の更なる推進】
    脆弱な国土の建て直し、諸外国と比較して低水準のインフラの再構築のため、公共事業予算の拡充を目指す。さらに、適正な元下関係の再構築により、建設業の持続的発展を図り、若者が志をもって入職してくる健全な職場環境づくりに進める。

prev next

趣味など

座右の銘
疾風に勁草を知る / 自らを図らわず

趣味
水泳、読書

好きなもの・こと
アイスクリーム、

苦手なもの・こと
特になし

タイムライン

FUKUSHIMA